お洒落なデザインと豊富なラインナップが魅力のGarage Projectのビール

今日は弊社で購入代行のご依頼を頂いた商品から、Garage Projectのビールをご紹介します。
ビールの海外からの個人輸入についてですが、商品の総重量が10kg以下で個人使用である場合には、特別な届け出は必要ありません。また、酒税はかかりますが、一般課税は課せられません。ビールの酒税はそう高いわけではないので、海外のビールを色々楽しみたいという方には、おすすめです。
注意しなければならないのは、空輸の場合は瓶の商品のお取り扱いはできません。気圧の関係で、栓が開いてしまう可能性があるからです。
缶の商品のみ、お承りしております。

Garage Projectには、通年販売される定番商品の他に、期間限定商品があります。
期間限定商品は、在庫がなくなり次第終了となってしまうので、気になる商品がある場合にはお早目にお問合せください。

7月14日に新発売となったこちらの商品、缶のデザインもかなり気になります。
こちらのメーカーは、飲んだ後も缶を飾っておきたくなるような、ポップでビビットなカラーとイラストが特徴です。
ビールの種類ごとに全て缶のデザインは異なりますので、缶のデザインを楽しむのも醍醐味の一つです。
しかもこちらのビール、テイストを見てみるとシナモンバノフィ&コーヒーとなっています。バノフィとは、バナナとチョコレートを合わせたバノフィパイの事で間違いないそうです。ビールの種類はスタウトになるのですが、甘みと苦味のバランスがどんな感じなのかめちゃくちゃ気になります。価格は1缶(440ml)NZ$13.50です。4缶セットのパックも発売されています。

こちらはNYにあるブリュワリーOther Halfとのコラボレーション商品です。
Other Halfが使用しているホップと、ネルソンで生産されたホップをブレンドして生まれた、とてもユニークな商品です。
価格は、1缶(440ml)NZ$11.50です。こちらも4缶セットの販売もあります。

こちらはコラボレーション企画の第3弾で、他にも様々な国やブリュワリーとコラボレーションを行っています。

私はダークビールが好きで、こちらのビールが飲みやすくてすごく美味しかったのでおすすめです。

1缶(330ml)でNZ$6.00と、普段飲んでいるビールと比べるとちょっとお高いビールになるので、いつも飲むというわけではありませんが、ちょっと良い事があった日や、お祝いの時などにGarage Projectのビールをご褒美のつもりで購入しています。

今日はNZのブリュワリーGarage Projectのビールをご紹介しました。
オンラインショップでは、ビールの他にワインや、缶のデザインを担当したイラストレーターによるポスターなども販売されています。

Garage Project
https://garageproject.co.nz/

弊社では、Trademeからのオークション代行のほかに、ニュージーランドの商品購入代行も承っております。
お見積り、ご相談は無料ですので、ぜひ弊社お問い合わせフォームよりご連絡ください。

お問い合わせ、お見積りは無料ですのでお気軽にお問い合わせください。

GTSの最新情報をお届けします

個人輸入代行お問合せ

商品価格や在庫状況は、ブログ掲載時に確認したものです。
商品価格の変更等で、実際のご案内の際にお値段に変動が出る場合がございます。
商品の購入代行を希望される方は、まずお問い合わせ下さい。