10月1日より電子渡航証と観光税が導入されました

2019年10月1日より、新たにNZeTA(電子入国許可)とIVL(観光税)が導入されました。

10月1日以降、日本を含む対象国籍者が観光等を目的にニュージーランドへ入国する場合には,事前にNZeTAの手続きを行う必要があります。(NZeTA申請の最終画面でIVLも合わせて支払うことができます)

既にニュージーランド滞在のために有効な査証をお持ちの方については、NZeTAは不要です(IVLは必要ですが、査証取得の際にIVLも徴収されますので、別途手続きをする必要はありません)。

NZeTA申請サイト

モバイルアプリ
Apple Store
Google Play

※NZeTA申請費用はPCからの申請ではNZ$12、アプリからの申請ではNZ$9となっていますので、アプリから申請可能な場合はアプリからの方がお得です。IVLはパソコン、アプリどちらから申請してもNZ$35です。

英語での申請が不安な方は、日本語による申請ガイドをご参照ください。

日本語による申請ガイド

IVL(観光税)は正確には7月1日から既に導入されています。観光税は、基盤整備や環境保護に充てられるそうです。

シェアする

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。